• クレンジングゲルの特徴と利用法

    クレンジング剤の一種であるクレンジングゲルは大きく分けると油性と水性の2つの種類があります。水性にはオイルが含まれているものと含まれていないものとがあり、オイルが含まれている方がメイクの落ちは良くなります。

    クレンジングゲルの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

    油分や界面活性剤が含まれているタイプはメイクの成分と馴染みやすいので少し濃いめのメイクであっても綺麗に落とすことができますし、油分の量自体はそれほど多くはありませんので洗い上がりはサッパリします。

    オイルフリータイプはごく薄いメイクの人しか使えませんが、まつげエクステを使っていると油分がNGですので重宝します。



    油性ジェルクレンジングは、オイルを乳化してジェル状にしたものです。


    主成分が油分となっていてメイクとの馴染みは抜群ですので、ジェルタイプの中ではメイクを落とす力がもっとも強いと言えます。



    ウォータープルーフマスカラやリキッドファンデーション等の落ちにくいものも難なく落とせますので、普段から崩れにくいメイクをしている人におすすめのクレンジングです。
    クレンジングゲルを使う時にはジェルを顔全体に伸ばした時に指がスムーズに滑る程度をつけなければなりません。足りないと手と肌との摩擦が大きくなって刺激を与えてしまいます。


    また、油分の含まれているクレンジングゲルを使う場合には手を温めてから使用するとメイクとの馴染みが良くなります。
    最後にクレンジングゲルが肌に残らないようにしっかりとすすぐことも大切です。