キッチンの水漏れはつまりが原因の可能性大

キッチンの排水管から水漏れを起こすと、配管が古くなって水漏れをしていると考える人は多いです。しかし、この部分での水漏れの多くが、配管がつまったことで起こります。キッチンは、日頃から食材のカスや油などを流しています。そのため、どうしてもつまりなどの水トラブルが起きやすいです。

つまりなどの水トラブルで特に注意が必要なのが油です。油は排水管に付着しやすく、長年の付着で排水管の中が狭くなります。排水管の中が狭くなれば、今までなら問題なく流れた食材カスでも水の流れを止めてしまう原因になります。ただ、キッチンのシンクはゴミトラップを設置し、大きめのカスは流れません。

そのため、シンクの水が流れないときは、このゴミトラップを掃除するだけで解消するケースが大半です。ゴミトラップを掃除しても解消しないときは排水管をチェックします。この排水管もU字型のトラップパイプを設置しているケースが多く、中を掃除するだけで水の流れや漏れが解消できる可能性大です。多くの原因が油汚れなので、食器を洗った後に60度程度のお湯を流すと水漏れやつまりに有効です。

また、定期的にパイプ洗浄剤を使うのも良いでしょう。ただ、集合住宅では上下階の水トラブルが原因のケースもあります。配管が通っている天井や床が濡れているようなケースでは、上下階の水トラブルが発生している可能性が大です。このようなケースでは、早めに管理人に連絡をすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *