トイレのつまりや水漏れの対処法

トイレがつまったり水漏れした場合は、すぐに業者を呼ばなければと焦ってしまいます。しかし、原因によっては自分で直すことも可能なので、まずは自分で応急処置をしてみるのがおすすめです。つまりの原因としては、一度に大量のトイレットペーパーを流したり、大量の便で通常の水圧では流しきれなかったりすることがあげられます。この場合は、一度水が引いてからバケツに汲んだ水を一気に便器に流し入れると、解消することがあります。

水漏れの原因は、タンク内のフロートバルブが劣化したり、きちんと締まり切っていなかったりすることがあげられます。タンクを開けてフロートバルブの状態をチェックし、チェーンが引っかかるなどしてずれていれば正しく戻すと水漏れは解消されます。フロートバルブの交換は、自分でも行えますが少し難易度が高くなります。トイレのつまりや水漏れは、パーツなどを買わずになおせるなら自分で処置することも可能ですが、パーツ交換などが必要な場合は業者に任せるのが良いでしょう。

こどもがおもちゃを流してしまいつまりの原因となっている場合、無理に取ろうとすると余計に奥に押し込み大掛かりな工事が必要になることもあります。トイレ修理の業者は、出張エリア内なら連絡した後遅くてもその日のうちに駆けつけてくれます。電話やメールで問い合わせると大体の見積額も教えてくれるので、複数の業者の見積額を比較して良心的な価格のところを選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *