家のヒビワレは修繕して雨漏り防止する

木造建築の家は屋根塗装と外壁塗装で保護されています。屋根塗装も外壁塗装も、塗膜は経年劣化してしまいますので、塗料の保証期間が切れる前に再塗装を検討すると良いでしょう。塗料の保証期間内でも、ヒビワレしてしまう場合があります。ヒビワレは雨漏りの原因になります。

塗膜の経年劣化というよりも、建物の歪みが発生したときに、引っ張られる力によって塗膜に亀裂が発生します。建物の歪みは、一時的なものです。家の老朽化で歪んでしまうのではなく、地震の揺れによる一時的に木造建築の構造体の歪みです。歪んだときに塗膜が引っ張られて亀裂は発生します。

地震が終われば木造建築の構造体は元通りに戻りますので、歪みも終わります。家の雨漏りは、必ずしも経年劣化や家の不具合で発生するとは限りません。地震が発生していなくても、台風などの強風の影響も要注意です。地震と異なり、長時間にわたって強風に当たり続けると、木造建築の構造体は大きく歪み続けます。

強風が去ってしまえば、何事もなかったように回復しています。塗膜に亀裂が発生してしまっていると雨漏りの原因になります。家のヒビワレは、必ずしも老朽化とは限りませんが、放置してしまうと壁材の内部を腐食させる原因になります。定期的に工務店にメンテナンスを依頼して、ヒビワレの発生を見つけたときに、迅速に修繕してもらうと良いでしょう。

自分でシーリング剤をヒビワレの上に塗布しておくのも応急処置として効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *