雨漏りは家にとって重大な問題

台風などの際の一時的な雨漏りは、とくに木造建築などではよくある事例ですが、普段からそうした状態でなければ修理に急を要するではない、という考えをされる方も決して少なくありません。勿論、雨漏りが常態化することは大変な問題ですが、一時的なものも雨が流れ込むことで屋根や外壁の傷みを進行させてしまい、いずれは腐食などの問題が生じることにもつながりますので、できるだけ早めの対処が必要となります。雨漏りをする、というのは、家の内部に湿気がたまりやすいことになります。湿気はカビを呼んだり、場合によってはシロアリなどを呼び込むこともあり、家にとっては大敵です。

また、木造だけではなく、鉄筋の家などでも、内部の鉄筋を錆び付かせたり、コンクリートなどを腐食させることにもつながりますので、どのような構造の家であっても、重大な問題であると言えましょう。例えば、湿気によるカビは、家の内部で繁殖してしまうと全体に広がり、内部の空気にもカビの胞子をまき散らすことにもつながります。カビの胞子だけでも呼吸器などに影響を及ぼしますが、ダニはカビの胞子が好物なので、ダニを発生させる要因ともなります。カビやダニは重大なアレルギー反応を引き起こす原因ともなります。

特にお年寄りや小さなお子さんにとってアレルギーは深刻な問題です。大切な人々に影響が出る前に、雨漏りなどの異変を感じたならば、少しでも早く専門の業者などに相談し、雨漏りを防ぐ手段をとることが大切であると申せましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *