自分で試せるキッチンの排水口つまり修理

家庭内にある水回り設備機器では、水漏れやつまりが生じる事があります。そんな時は、自分で修理しようとせずに、水のトラブル修理の専門会社に依頼するのが原則です。構造等が分からぬままに分解して修理しようとすると、2次被害が生じる危険性があり、専門会にお願いするのが無難と言えるのです。ただし、そんな水のトラブルの中で、自分で修理を試せるトラブルとしてキッチンの排水口つまりがあります。

キッチンの排水口では、異物など落としていないのに、つまりが生じる事があります。これは食材の細かいクズと食用油が混じったものが、排水口の出口周辺に積もって生じるものです。この排水口つまりトラブルの場合、市販の専用クリーナーを使って解消できないか、自分でまず試すと良いでしょう。その具体的な手順を以下に説明します。

シンクに溜まった水を汲みだし、排水口に市販のクリーナーを流し込み、1時間ほど放置して、油が溶融してつまりが緩むのを待ちます。その後、排水口をタオル等で栓をして、シンクに水を溜めます。そしてタオルの栓を抜いてシンクの水を一気に流す事で、溶融して緩んだ油とゴミの交じり合ったものを流し去るのです。これでも解消しない場合には、排水口にペットボトルを突き刺し、その周辺をタオルで空気が漏れないようにして、ペットボトルの側面を押したり引いたりしてみましょう。

これで解消する事も少なくありません。しかしこの専用クリーナーを使っての排水口つまり解消方法でも駄目な時には、太い針金等で突いたりせずに、やはり専門会社に修理依頼すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *