排水口つまりはどのようにしたらよいのか

排水口つまりが起きやすいのはキッチンです。キッチンは毎日使ってい場所であり、食器用洗剤を使用していたり、まな板などを漂白したりするので排水口つまりは起こらないように感じますが、実際のところ小さな野菜くずや食用油などが流れ込んでしまうことが多いです。このような状態を続けていた場合、排水口つまりが生じます。ですが排水口つまりは不衛生にしているから起こるわけではなく、どの家庭でも起こりうることであり、さらにある日突然起こるというよりも前兆のようなものがあります。

前兆には徐々に流れが悪くなっていたり、ボコボコと音がしたりすることがあげられます。このような段階で気が付いた場合は、排水パイプ自体が汚れて水が流れにくくなっている可能性があるため、汚れを取り除くことが大切になります。汚れが貯まりやすいのは排水口のトラップ部分やL字型に曲がっている部分であるので、取り除くために薬品を使用する、排水口の穴の部分に一気にお湯を流し込むなどのことを行います。これらのことを行ってもつまりが生じている場合は、固形の野菜くず、もしくは楊枝やスプーンなどが入り込んでいる可能性があります。

野菜であれば流れてしまう可能性もありますが、スプーンは取り除こうとするとさらに奥に入り込んでしまう可能性があるため専門の業者に頼む方が良いです。スプーンなどの固形物が入り込まないよう、排水口にはネットなどを置くことが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *