浴槽つまりの主な解消法

浴槽つまりが発生しても、自力で直す方法がいくつかあります。仕組みを理解していないと少し大変ですが、仕組みが分かっているのならワイヤーハンガーを差し込む方法も有効です。ワイヤーハンガーはできるだけ奥に差し込み、内部を削るようにしながら動かします。つまりが頑固でなければ、その作業だけでも簡単に落とせますので、少しでも異変を感じたらこの方法を実践しましょう。

浴槽つまりを解消する方法の中でも物理的にアプローチするものであり、パイプクリーナーで対処できないような症状にも対応できます。パイプクリーナーを使った方法は定番です。浴槽つまりにも使用することがあり、専用の薬剤を投入したら、あとは待ってお湯を流すだけで作業は終わります。パイプクリーナーはとても簡単ではありますが、頑固な汚れになるとあまり効果はありません。

また、流すのを冷たい水にすると溶かしたものを再び固めてしまう恐れがあるため、温かいお湯を流すことが大切です。お湯は熱い方が効果的ですが、熱すぎるものは部品に負担をかけるので、適度な熱さのものを用意しましょう。真空式パイプクリーナーは基本的にはラバーカップと同じ仕組みになっていますが、ポンプの力で吸引するので、より高い効果を期待できるグッズです。持ち手部分はハンドルのようになっており、水がない状態でもできるのがメリットです。

ピストン運動を利用した作業となり、何度か繰り返していくうちに徐々に汚れを吸い出せます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *