浴槽つまりの解消方法

浴槽は毎日使うことが大半のため、つまりが発生した場合はできるだけ早めに解消したいものです。浴槽つまりが軽度であれば、排水トラップを分解してキレイに掃除することで解消します。排水トラップを掃除しても浴槽つまりが解消しない場合は、排水管の内部につまりの原因があると考えたほうが良いかもしれません。まず1つめのつまり解消法として、ワイヤーハンガーを使う方法があります。

排水管に通じる穴にまっすぐに伸ばしたワイヤーハンガーを差し込み、詰まりの原因である汚れを取り除きましょう。薬剤を使いたくないという場合は、重曹とクエン酸を3:1の割合で混ぜたものを、排水溝のまわりにまんべんなく振りかけていきます。湯垢や石鹸カスが原因のつまりに有効で、コップ1杯程度の水をゆっくりと注ぎ1時間程度したら水を流せば完了です。浴槽つまりは発生しないよう、日ごろから対策をとることも大切です。

詰まりを防ぐためにも日ごろから、こまめに排水トラップを掃除しキレイにしておきましょう。また、排水トラップについているヘアキャッチャーにネットをかぶせることも有効です。こうすることで、ヘアキャッチャーをかいくぐってしまう地位さな汚れや髪の毛もしっかりキャッチでき、詰まりの予防につながります。浴槽のつまりは放っておいても自然と解決することはありません。

放っておくと悪化する可能性もあるため、日ごろからこまめに掃除し浴槽つまりが発生しないようにしていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *