軽視してはならない浴槽つまりの解消法と工事の手段

在来工法の浴室や、ユニットバスやシステムバスの浴室でも、長年使用をしていると浴槽つまりを起こしてしまう場合はあります。浴室では珍しいトラブルにはなりますが、浴室でのつまりは軽視してはならない要素があるので、早期発見で早期修理を前提にすることが最適です。浴槽つまりを察知する場合は、栓を抜いて浴槽のお湯を排水管へと流した場合、以前よりも流れるスピードが遅いと感じたり、洗い場に付けられている排水口でも流れが悪いと感じた際には、浴槽つまりを起こしていると判断できるので、即座に水のトラブル専門の会社に仕事依頼をすることで大事にならずに済ませられます。浴室の場合は他の水回りよりも排水能力が高い傾向にあるのでトラブルは起きにくいと判断できます。

浴槽内の排水口でも洗い場の排水口でも通常はフィルターが付けられているので、大きな異物が流れてしまうことは考えにくいものです。それでも浴槽つまりが起きている場合は、長年にわたって使用している古いバスルームが対象と考えられるので、早めの修理依頼は欠かせません。修理会社に依頼をせずに放置してしまうと、最悪な事例では床面に穴を開けての工事が必要になることもあり、ユニットバスの場合はその後の復旧にも問題が出てしまうリスクは考えられます。修理会社に任せた場合では、一般の方が扱えない業務用の洗浄剤を使う方法があり、手元で操作できる特殊なワイヤーブラシを使う方法で大体のケースで解消することはできます。

穴を開けるなど最悪な修理法にならないためにも早期に修理依頼をすることは重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *