浴槽つまりを解消して快適バスタイム

浴槽がつまると、水の流れが悪くなり悪臭のリスクが高くなります。浴槽つまりの原因は、その多くが髪の毛や油脂など排水管の汚れです。小まめに排水管内の清掃をしていると浴槽つまりのリスクを低減できます。突然浴槽つまりが起こってしまった場合、ます詰まりの原因を確かめます。

人間の体からは皮脂が出ますが皮脂は酸性の汚れで蓄積すると頑固な汚れになります。皮脂汚れの場合はアルカリ性の重曹で落とせるので、軽い汚れであれば排水口に重曹を入れて同量の酢を流します。重曹と酢がが反応すると泡が出るので、10分ほど放置してから水で洗い流します。髪の毛が原因で詰まっている場合は、専用の洗剤を排水口に流し込みクリーニングを行います。

簡単な汚れは素人でも落とせますが、掃除をする場合は換気を十分に行い、洗剤も注意書きをよく読んでから使用します。トイレが詰まったときに使用するラバーカップは、浴槽つまりでも活躍します。浴槽の排水口には栓をして、水が残っている状態で使います。ラバーカップを使って詰まりの原因が出てきたら、きれいに取り除いてシャワーで洗い流します。

浴槽は石鹸カスや皮脂、髪の毛が溜まりやすい環境なので汚れを取らずに放置していると臭いの原因にもなります。浴槽つまりの原因がわからない場合は、専門家に相談すると速やかに対応してくれます。水のトラブルに対処している専門会社は、年中無休で24時間対応の会社が多いです。夜中に水のトラブルが起こっても、すぐに駆け付けて対処してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *