個人家屋の排水管つまりを自分で解決するめの必須道具

キッチンのシンクや浴槽など、汚水を流す時は必ず反時計回りの渦が排水口にあらわれます。この渦があらわれると、勢いよく汚水が排水管を伝って下水道へと流れ出ている証拠です。ところが渦があらわれず、ボコボコと低い音が排水口が聞こえてくるという現象に遭遇されたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。これは排水管つまりを起こしているサインなので、早急に解決行動をとらなくてはいけません。

日本の個人家屋に設置されている排水管は、JIS規格で必ず直径4cmと定められています。汚水のみを流すのであれば問題はありませんが、浴槽やシンクでは髪の毛・野菜の切れ端などの異物も一緒に流してしまうことが多々あります。そのため、排水管つまりはどのご家庭でも発生しうる水回りトラブルと認識しておきましょう。排水管つまりは、ある道具を使えば簡単に解決することができます。

その道具とは「パイプクリーナー」というもので、ネット通販サイトやホームセンターで1個1200円前後で入手することが可能です。パイプクリーナーは専門修理会社でも用いられる道具なので、排水管つまりを解決するための必須道具です。パイプクリーナーは2mのワイヤーの先端にステンレス製のブラシがらせん状に備わっています。このブラシを排水管に挿入すると配管内に詰まっている異物をキャッチして取り出すことが可能です。

さほど難しい技術や力は必要なく、どなたでも簡単に排水管つまりを解決できる道具です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *