戸建て家屋で発生する排水管つまりの主な原因と対策

水回り設備を使用するということは、水道だけでなく下水道も必然的に使用すると言えます。キッチンのシンクやトイレ・浴槽といった水回り設備には必ず排水口が備わっており、排水管を経て下水道へと汚水が流れていきます。この排水菅は日本工業規格で直径4cmのサイズと規格化されており、これ以上・以下のサイズにすることができません。汚水だけを流すのであれば何ら問題のない配管サイズですが、一般家庭の場合は汚水と共に何かしらの異物も流れ出ることが多く、それが原因となって排水管つまりも発生しやすいです。

一般家庭のうち戸建て家屋であれば排水管は敷地内に敷設されており、自治体が設けている下水道へと汚水が流れるのに複数の排水管を通過しなくてはいけません。この戸建て家屋で発生する排水管つまりのうち、特にトイレとキッチンから流れ出る異物による詰まりが多く、頻発するようであれば適切な対策をするのが望ましいです。トイレの場合、大量のペーパーを一度に流す・ペットの排せつ砂を流すということが排水管つまりの原因に挙げられます。キッチンであれば油や野菜の切れ端を流すことで排水管内に異物が蓄積して汚水を塞き止めてしまいます。

これらは普段の水回り設備の使用時に注意をすれば防ぐことが可能です。トイレであればペットの排せつ砂を流さないようにして、ペーパーを少量の使用に抑えるようにしましょう。キッチンだと排水口にネットを取り付けて、異物を流れ込まないようにすれば排水管つまりは起こりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *