水道会社が実施する集合住宅の排水管つまりの対処法

水回り設備に蛇口と共に必ず備わっているのが排水口です。水を出すということは必然的に水を捨てるということにも繋がり、排水口から排水管を伝って不要となった水を下水道へと流します。この排水管は日本工業規格で直径4cmと定められており、これ以上・以下であってもいけません。4cmと細い配管なので汚水以外を流すと、すぐに排水管つまりを起こしてしまいます。

普段の生活で排水管つまりに気を付けていたとしても、長年の使用で配管内にヘドロ等の汚れが付着したままになると自然と詰まりを誘発します。水回り設備を使うということは、常に排水管つまりが起こる可能性があると認識しておきましょう。実際に排水管つまりが起こっても修理を専門にする水道会社に連絡をすれば、すぐに対処をしてくれるのでさほど深刻に考える必要はありません。この水道会社では戸建て住宅はもちろんのこと、アパートやマンションの集合住宅で発生する排水管つまりの対処もなされます。

この集合住宅の場合、一般的な対処法であるワイヤーブラシを使用した洗浄はなされません。それはどこの排水管で異物が詰まっているのか確認できないからです。集合住宅の排水管のつまりの際は「高水圧洗浄」という対処法を実施する水道会社が大半で、コンプレッサーを使用して水圧を高めた水を排水口へと流して水の力で異物を取り除きます。この方法だと異物の除去と同時に配管内の洗浄もおこなえるので、戸建て住宅でも実施されることがあるほどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *