排水管つまりの原因と解消法

排水管がつまって水が流れなくなった、という経験をお持ちの方は決して少なくないことでしょう。焦ってパニックになるのではなく、落ち着いて対処するためには、排水管つまりの原因と解消法を知っておくことが大切です。そうするなら、自分でもきちんと対処することができます。排水管つまりを引き起こす原因の一つは、管内に汚れが溜まっていることにあると言えます。

仮に、管内の掃除を何年も行っていないとしたら、付着した汚れの上に更に汚れが付いていき、ついにはつまってしまうことがあるのです。そのような場合、つまりの原因となる汚れを溶かす薬品を使って、つまりを解消することができます。その際に注意すべきなのは、薬品で肌荒れを起こすことがないよう必ずゴム手袋を装着することでしょう。排水管つまりを解消する別の方法は、ラバーカップを使うことです。

ラバーカップを、排水溝または排水口に対して真上から当て、押し込む、引き上げると言う動作を繰り返し行います。このように圧力を加えることによって、つまりの原因を押し流し、つまりを解消することができます。さらに、薬品では溶かし切れない頑固なつまりを解消する方法として、ワイヤーブラシを使うこともできるでしょう。ワイヤーブラシを排水口の奥へ押し込み、動かなくなった所でハンドルを回すようにするなら、引っかかったつまりの原因を削ぎ落とすことができます。

その際に、汚れを溶かす薬品と併せて使用するなら、より大きな効果を期待できると言われています。排水管つまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *