排水管つまりとはどのような状況下であるか

排水管つまりとは。蛇口から流れ出た水を排水することが正常にできなくなった状態、もしくは不必要な水を流すシステムが詰まる状態を指します。例えば、トイレの便器に溜まる水は不必要なものを水の力で流すことで新しい水へと入れ替えます。この時、配管内には廃水以外にも汚物が配管を通るのですが、配管内に流れる廃水を超えた汚物がパイプの中の流れをせき止めることがあります。

この状態を排水管つまりと呼び排水パイプが詰まった状態を指します。パイプが詰まっている状態ですと、本来排水されるはずの汚物と汚水が排水されずあふれ出てしまいます。この排水管つまりによる汚水や排水すべき水が正常に排出できない状況を解決するのがつまりを取り除くことになり、方法は、廃水処理の排水口および配管につまりが無いかどうかを確認し、詰まっている場合、その該当する場所のつまりを金属棒または排水管清掃ブラシなどを使用して詰まっている物体を取り除きます。この時、つまりを取り去ることに集中し配管を破壊してしまうこともあり、破壊してしまった場合においては配管を交換するという手法で排水管の処置をします。

配管は水を排水することと下水の様に汚物や遺物などを流すこともあるため、場合によっては金属を腐食させない管のつまりを取り去る溶液を使用して、清掃することも考慮します。エアコンなどにおいても亜配水管がありドレンホースと言う廃水処理機構があり、虫などの異物が混入することで排水が出来なくなることがあるため、こうした場合においては排水ドレン内の虫を吸い出すことが出来なかった場合、ホース内のつまりを取り去るためあえて交換するという手法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *