肥満体型の人は統計で見るとやはり、普通の体型の人より早くに亡くなっています。肥満でいいことなんて一つもありません!是非ダイエットをして少しでも長生きしましょう。

ダイエットに鍋メニューとさつまいも

痩せたいという気持ちは、たくさんの人が抱えている願望のひとつです。自分はなぜ太っていうrのか、何が弱点かを掘り下げて見ると、その人にマッチしたダイエット方法も見えてきます。便秘がちなタイプであれば、さつまいもダイエットは向いています。さつまいもは自然な甘さがありますが、カロリー自体は低カロリーで、しかも腹持ちが良い食材です。毎日しっかりと食べていた食事を、1食だけさつまいもに置き換えるというダイエット方法です。

やり方はいたってシンプル、1日1回だけ食事の主食を、蒸したさつまいもにするだけです。1回に食べる量としては、150g程度が目安となります。おかずに関しては、決まりはないので好きなものを食べて、炭水化物は控えます。おかずは腹八分目を食べるようにして、満腹までは食べないことも秘訣です。通常は主食が、お米やパンなどの炭水化物ですが、さつまいもに置き換えることで、カロリーもダウンできます。さつまいもには食物繊維が豊富です。食事に取り入れることで、頑固な便秘も順調に回復へと向かいます。さつまいもの鮮やかな皮にも、栄養成分は豊富に含まれています。

たっぷりとお野菜や、ほかの食材を食べた異タイプであれば、鍋ダイエットがあります。鍋料理は好きな野菜や具材をたくさん食べることができます。ダイエットにおすすめなのは、シンプルな寄せ鍋の他に、水炊きやしゃぶしゃぶ、湯豆腐やキムチ鍋、トマト鍋なども向いています。コッテリ系ではなく、ダイエット目的ですから、さっぱりとしたヘルシーなメニューがよいでしょう。ダイエット中はお肉やお魚も食べて、良質なタンパク質を摂取するのもコツです。野菜類も摂取できて、カロリーも低いので、とてもヘルシーです。