肥満体型の人は統計で見るとやはり、普通の体型の人より早くに亡くなっています。肥満でいいことなんて一つもありません!是非ダイエットをして少しでも長生きしましょう。

ダイエットで長生きになれる原因はBMIにあり

ダイエットは「見た目を良くしたい」という動機で行う方もいますが、近年は長生きをする為にダイエットを行う方もいます。特に、健康寿命を延ばして健康な身体のまま長生きするには、適切な体重管理が必要と言えるでしょう。ダイエットにより長生きができる原因の1つは、「適切な体重を維持すると、病気のリスクが減る」事にあります。

ダイエットで病気のリスクが減る例として、「BMI」と呼ばれる指標があります。BMIとは「Body Mass Index」の略であり、「肥満指数」の名前でも知られているものです。BMIは体重を身長の二乗で割った値(170cmで70kgの方なら、1.7と1.7を掛けた値で、70を割ると出る)です。

このBMIの値が22に近いほど病気のリスクが少ない事が「Tokunaga K, Matsuzawa Y, Kotani K et al. : Ideal body weight estimated from the body mass index with the lowest morbidity, Int J Obes 1991:15,1-5 」という論文の中で統計学的に裏付けられて以来、BMIを22に保つ事は、健康寿命を延ばして長生き原因になる方法の1つとして知られています。

BMIの値を指標にダイエットを行えば、健康上のリスクを抑え易くなります。この為、ダイエットにより減量してBMIを22に近づける事は健康寿命を長くし、長生きの原因の1つになると言えるのです。BMIの良い点の1つは「長生きになれる体重の目安」を出しやすい所にあります。痩せ過ぎも太り過ぎも病気のリスクが高まる為、適切な体重の指標として利用できるBMIは、長生きをする為に使いやすいと言えるでしょう。

適切なダイエットは病気を遠ざけ、健康に長く生きられる原因になります。マイペースで自分にあったダイエットを見つければ、長生きの秘訣として長く活用できるでしょう。