肥満体型の人は統計で見るとやはり、普通の体型の人より早くに亡くなっています。肥満でいいことなんて一つもありません!是非ダイエットをして少しでも長生きしましょう。

ストレス解消のために味噌汁を食べて行うダイエット

ダイエット中にイライラするのは常ですが、味噌汁から健康成分を摂取していれば解決できます。味噌には大豆由来の栄養が凝縮していて、ミネラルやビタミンの宝庫でもあります。この中でも特に重要なのが、セロトニンの原料になるトリプトファンというアミノ酸です。セロトニンは精神の安定に深く関与する脳内神経物質で、食事から原料を摂取しなければメラトニンの生成にも影響を与えることになります。

ダイエット中に不足しがちな栄養は、味噌汁を飲んでいれば効率よく摂取できます。メラノイジンなどの抗酸化成分も多く、塩分の排出を促すためのカリウムも豊富ですから、美肌と健康のためにもなります。できるかぎりは飲むようにして、3食分の栄養の偏りを調整する必要があります。味噌汁に含まれる栄養によってダイエットの成果も上がりやすくなり、お腹の調子までも整えることができます。便秘予防のためにも欠かせないため、積極的に食べることがおすすめです。

味噌汁には、脳内神経物質のアセチルコリンの原料となる大豆レシチンも豊富に含まれています。大豆レシチンとトリプトファンが相乗効果を発揮することで、慢性的なストレスを解消できるようになります。味噌は脳の健康によい食べ物の代表ですから、記憶力を高めるためにも日頃から食べたほうが健康的になります。ダイエットの目的で食べていても、脳のストレス解消のためになれば一石二鳥です。

ストレス解消も兼ねてダイエットで味噌汁を食べる場合には、具材はたっぷりと入れて汁は少なめにすると塩分を抑えられます。集め汁に近い形とすれば、食物繊維の摂取量を大幅に増やせます。具材は海藻や根菜が特におすすめですが、旬の魚介類も低カロリーであれば加えることもあります。